落ち着いた雰囲気で本格的な和牛を味わって頂ける自社農場本格和牛専門店・和牛マエストロさとうでは、和牛本来の味を追求した様々なお肉を味わい頂けます。

一貫した生産体制による「安心・安全」の和牛

当店は全国のブランド牛のサーロインと自社牧場で肥育された和牛を、ワインやヨーロッパの地ビールで楽しむお店です。
肉や内臓肉にこだわり、素材本来の味を楽しんでいただけるように当店オリジナルのブレンド塩をお肉に合う配合でご用意致しました。

当店の和牛は東北の伝統的な手法で、お米を食べさせて大切に育てられています。
昔ながらの「和牛本来の味」を存分に引き出しています。
中でも【短角牛】は和牛全体の2~3%しかない貴重さに加え、昔ながらの味を再現しているのはとても珍しく、なおかつお肉自身に深い味わいがあります。
【短角牛】は通常の牛肉よりも脂肪分が少なく、お肉本来の味を存分に味わえます。

焼肉メニュー 焼肉メニュー 焼肉メニュー

当店の和牛は“生体熟成”を基本とし、生後30ヶ月以上の長期肥育牛のみを提供しております。
肉も果物と一緒で、生きた状態での熟成が可能です。生体熟成する事によりドリップ(肉汁)を逃がさず肉自体に風味を持たせます。その後“真空熟成”し、シェフが認めたお肉がお客様へ提供されます。
肉本来の味をご賞味下さい。

生体熟成とは

和牛を肥育するにあたり生産者は一般的に三段階のステージを組み、“前期”“中期”“後期”での餌のバランスや穀物の割合を変化させます。
当社も同じように生産しておりますが、それに加え“熟成期”というステージを設け、牛自身を生きたまま“枯らして”いきます。
餌の分量を減らし1~2頭で個体管理をこまめにし、肉牛としての仕上がりを最大限に引き出す生産方法です。東北地方独特の生産技術で、時代が進み現在では取り組んでいる生産者も少なくなりました。

真空熟成とは

牛が屠畜(屠畜)後、枝肉という骨付きの状態になります。そこで7日間干してからカットし、脱骨され、そしてそれぞれの部位に真空パックされます。
その真空状態のまま冷蔵庫で30日間冷蔵されたものを言います。